あか
あかあかあかあかあか
□英語  □国語  □数学  】


■参考書情報 <英語>



【ターゲット1900】難易度:★☆☆☆☆
クセの少ない王道の単語帳。一語一義を徹底しており、とっつきやすい。
単語帳を折る作業があるためやってる感が出る。万人に勧める一冊

【速読英単語】難易度:★★☆☆☆
長文で単語を覚える単語帳。単語帳といえどやり切る頃には相当量の英文に触れることができる。
単語→日本語の単語帳にありがちな結局どんな場面で使われるかがわからないと言うストレスがまったくない+記憶にも残りやすい。
相性の良い前置詞などもまとめて覚えられるのでかなり効率的 長文を読まなけばいけないため、どうしても初めは進めずらさがあるが、どの単語がどの長文に出てきてるか覚えるまで極めれば最強である。

【DUO3.0】難易度:★★☆☆☆
長文で単語を覚える単語帳。単語帳といえどやり切る頃には相当量の英文に触れることができる。
見出し英文→単語熟語→派生語→同義語反義語の順でまとめられており、一冊で7000語以上の語彙が含まれている。一つの見出し英文から得られる情報がかなり多いのが強み。熟語含めてこの一冊だけ極めれば語彙において心配はいらないだろう。そのボリューム故中級書から上級者向けである。苦手意識がある高校生は素直にターゲットを取り組むべき

【鉄壁】難易度:★★☆☆☆
ご存じ東大専門予備校鉄緑会が誇る単語熟語帳。この単語帳の強みはイラストと+語源の解説でイメージとして頭に入れる工夫がされているところだ。派生語や多義語、難単語も多数収録されており情報量も多い。大学生になる頃には英語を英語としてイメージで捉える力がついているはずだ。 初学者がいきなり取り組むと挫折の可能性ありだが、最高の単語帳の1つであることは疑いようがない。

【システム英単語】難易度:★☆☆☆☆
レイアウトはいたってシンプルでとりくみやすい。なんといってもミニマルフレーズが特徴的で、左側に英短文、右側のその日本語訳が書かれており、文章ごと覚えることができる。同義語が記載されいるのもうれしい。非の打ちどころがない。

【STOCK4500】難易度:★☆☆☆☆
スタサプ講師関正生先生の作品。
単語ごとに一言コメントが添えられており、イメージが沸きやすいよう、覚えやすいよう工夫されている。無味乾燥な単語の学習が知的好奇心をくすぐるものになる。
関先生は神。

【データベース】難易度:★☆☆☆☆
データベース:基礎3000と完成4500がある。交通に関する語などという形で種類別+頻出順に並べられており、覚えやすい工夫がされている。 が、学校でなど範囲を区切って単語テストをするとみんな似てる意味なので混乱するらしい(使用者談) レイアウトは左のページが単語とその意味、右のページが例文のその訳になっており勉強はしやすい

【リンガメタリカ】難易度:★★★☆☆
知名度はそれほどでもないが、コアなファンが多い単語帳 使用感としては速読英単語に似ていて長文の中で単語を覚えるタイプの単語帳。テーマごとに分類されており、分野ごとの解説も充実している。単語を覚えながら難関大の長文読解に必要な予備知識を得ることができることが最大の長所である。 難易度は少し高めで、専門的な語彙も出てくる。単語帳というより、長文読解書のひとつとして使ったほうが効果的かもしれない。難関大を目指すならやって損はない1冊




【いちばんはじめの英文法】難易度:★☆☆☆☆
高校生から社会人まで,英語学習者には「いちばんはじめ」に読んでほしい,中学レベルからの「超基礎」英文法を講義形式で教える本です。発行以来「,これでわからなかったら,もうおわり(!?)」と言われるほど非常に多くの受験生・社会人の方々からご好評をいただいている本書で,大学受験はもちろん, TOEICテストや英検,英語4技能(読む/聞く/話す/書く)試験にも通じる英語力の基礎を固めましょう。

【肘井学の ゼロから英文法が面白いほどわかる本】難易度:★☆☆☆☆
本書の特長
1 難しい文法用語を”ゼロから”説明
英語の初学者にとって、一番頭を悩ますのが難しい文法用語です。 本書では、ゼロからの知識で、文法用語を1つひとつ理解できるように 工夫しました。
2 “英文法の見取り図”で、英語の迷子にならない
各分野で英文法の全体像を示す“英文法の見取り図”を用意しました。 常に全体像を意識することで、もう英語の迷子になる心配がありません。
3 “POINT これを覚える!”で何を覚えたらよいかがわかる
各講の最初に“これを覚える”という見出しでポイントをまとめました。 これにより、何を勉強すればよいのか、悩むことがなくなります。
4 すらすら読める“3行説明”
解説の量が多いのも、初学者を悩ませる要因の1つです。 本書では、1つの段落につき、3行でまとめて簡潔な説明を徹底しました。 別冊の解説集では、1行説明にこだわりました。
5 全ページフルカラー
最後まで飽きずにやり終えてもらうために、全ページフルカラーです。 本書は、視覚的にも最高の構成にしてあります。 社会人の方も学生時代を思い起こして、黒板の図で、情報を整理していきましょう。
6 ゼロからわかる英文法ドリル+【スピーキング力 UP のための音声DL付】
まずは、簡単なドリルを解いてから、音声を使って、 自分の口から英語を話してみましょう。 “話すための英文法”を本書で学んでください。 本書の口頭英作文をすべて完璧にしたら、驚くほど多くの表現が 口をついて出てくるようになります。


【ネクストステージ】難易度:★★★☆☆
1999年の初版刊行以来、ベストセラーとして好評を博している「スーパー整理本」。「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」の大学入試頻出項目を最も効率的に身につけることができます。 英文法・語法問題はもちろん英作文問題や英文読解問題も含めて大学入試で合格点を取るために前提となる知識が1冊にまとめられています。

【Vintage】難易度:★★☆☆☆
受験の“マスト・アイテム”さらに洗練されて登場! 本書は,大学受験に必要な,英文法・語法・イディオム・会話表現などの広範な英語の知識を効率よく獲得し,さらにその知識を展開して入試問題を解く力を身につけることを目的とした学習書です。 特長 “最新入試を徹底研究,頻出問題を厳選” 最近の入試傾向を踏まえて,必須の攻略ポイントを厳選しました。さらに,超頻出問題もチェックできます。また,必須項目を体系的に学習できるように問題を配列しました。 “レイアウトを一新, 読みやすく学習がスムーズに進む紙面に” 学習がスムーズに進む紙面にレイアウトを一新しました。 “詳しい解説で問題の解き方が身につく” 問題を解く際の「着眼点」,正解への道筋である「問題の解法」,なぜ誤りなのかを示す誤答の「選択肢」の解説など,問題を解く力を養います。 “学習の指針を示す豊富なコラム” 「まずは確認」,「しっかり理解」,「整理して覚える」の3種類のコラムを掲載。理解しなければならないこと,覚えなければならないことを明確に提示しています。

【Forest】難易度:★☆☆☆☆
「Part 1 これが基本」→「Part 2 理解する」→「Part 3 深く知る」の3 Partシステムで構成。各文法事項を「本質の理解」→「基礎力の構築」→「詳細な文法知識の獲得」の順で掘り下げていくので、学習の進度に応じて、無理なく文法力を高めていくことができる。英文法の「なぜ?」を解決し理解できるようにしっかりと説明。文法を視覚的にとらえ理解できる「概念図」や「イラスト」、また、角度を変えて新たな視点から理解を深める「コラム」も豊富に収録。「話し言葉」「書き言葉」がわかるアイコン付き。使いたい例文にすばやくアクセスできる「機能別さくいん」収録。

【Evergreen】難易度:★☆☆☆☆
英文法のルールの「なぜ?」をわかりやすく、ていねいに説明。基本をしっかり理解してからより深い学習に進めるよう、Part 1「これが基本」→Part 2「理解する」→Part 3「深く知る」という三部構成になっており、また、主要な章には、その章で学んだ内容を整理・確認する「Part 4 確認する」を新設。ことばでのていねいな説明や学習しやすいレイアウトはもちろん、イラストや概念図をふんだんに取り入れ、英文法を多角的に理解できるよう、「わかりやすさ」を徹底追求。

【英文法ファイナル問題集 難関大学編】難易度:★★★★☆
英文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ。共通テスト対策、標準的な4年制大学受験志望者向け。
徐々に難易度が上がる全10回のテスト形式。さまざまな入試出題形式の問題を網羅。ランダムな文法項目配列の演習問題。
文法項目ごとの弱点チェックができる。詳細な解説とコンパクトなまとめ。

【全解説頻出英文法・語法問題1000】難易度:★★★☆☆
入試問題の「語法分野」の問題に多くのページを割き、文法と語法の両面をカバーしました。
「問題編」+「解答・解説編」の2分冊形式としていますので、無理なく体系的理解が可能となっています。「解答・解説編」は、単に解答の正誤を確かめるだけでなく、解説を読むことで、文法・語法の体系的知識が定着できるようになっています。特に入試レベルの英語力を身に付けるための情報は、できるだけ多く掲載するようにしています。




【やっておきたい英語長文】難易度:★★☆☆☆-★★★★☆
300
200語?400語までの[やや易しめ?標準]レベルの問題を30題収録。読解のための必須項目を基礎的なものから学習できるように配列。問題には語数と標準解答時間を表示。解説には、解答と設問解説、構文・語句解説を収録。
500
最も出題頻度の高い400語から600語の標準からやや難しいレベルの英文20題で構成。内容の理解を問う客観問題から和訳問題、内容説明問題まで幅広く扱うことで、ほとんどの大学の読解問題に対応できる高度な読解力の養成をめざす。設問を解く際の着眼点や考え方などをAdviceとしてまとめている。要約付き。
700
最も出題頻度の高い600語から900語の標準からやや難から難レベルの英文15題で構成。難関大学の入試を突破できるゆるぎない読解力の完成をめざす。近年よく出題されるテーマの英文を扱い、Topicとして背景知識の解説も付けている。要約付き。

【英語長文レベル別問題集】難易度:★☆☆☆☆-★★★★★
 基礎から難関私大・難関国公立大レベルまで
 「設問文」「問題」「解答・解説」「構文分析/和訳」を見開きで構成。語句リストも充実。本文で扱った全問題文の音声をナチュラルスピードで収録した「耳ならしCD」つき。

【ポラリス】難易度:★★☆☆☆-★★★★☆
基礎から慶上智、難関国立大まで
英語界で圧倒的支持を誇る関正生先生が、 全国の入試問題から徹底的に選び抜いた 「大学入試長文の最前線を走る」12題!
<本書の特長>
1.入試の「最前線」を走る英文がわかる!
今後も出題され続けるであろう12のテーマを把握すれば、どんな大学の入試にも広く対応できる
2.「なんでこの英文を読むといいの?」にズバリ答えている
すべての長文に、関正生のコメントつき。納得しながら勉強を続けられる。
3.単語帳の欠点を補える
単語帳がフォローしない、「長文にこそ頻出」の旬なキーワードが身につく!
4.「精読」の確認もできる
すべての長文に「構文解析」つき。1文1文ていねいに確認できる!
5.「使い方」から「復習のしかた」まで詳しく解説!
取り組み方から、ダウンロード音声を使った音読のしかたまで、 解いただけで終わりにせず、効果的に取り組める方法を指南します。 ネイティブによる英文朗読音声のダウンロード特典もついています。




【ポレポレ】難易度:★★★★★
従来の参考書とは一味違う、「なぜそうなるかのプロセス」を重視した問題演習書。読解に絶対必要な基本プロセスが身につく。

【英文解釈の技術100】難易度:★★★★★
どんなに複雑な構造の英文でも必ず読める、100のテクニックをわかりやすく解説。未知の英文にまで対応できる力を養成。文の構造把握から和訳へ至るための論理構成など、和訳の組み立て方のコツがわかる。複雑な英文の構造を立体的に図解で示し、理解をサポート。仕上げに付属のCDを使い、聞き取り、音読、ディクテーションなどで、暗唱できるまでくりかえし英文を演習できる。各例題ごとに演習問題を掲載。

【英文読解の透視図】難易度:★★★★★
英文をきちんと読むために必要な、文の構造をしっかり押さえ、そのうえで文を複雑にしていく要素を見きわめる方法を示す。

【英文標準問題精講】難易度:★★★★★★
初版以来半世紀以上にわたって、高校生・受験生に「原の英標」の愛称で親しまれ、絶対の信頼を得ている名著の新装版。入試頻出の英文を収めて、懇切丁寧に解説した英文徹底征服書。新装版では本文の1色が2色に、練習問題の解答が別冊になり、使いやすくなりました。全体は、初期・中期・後期各10日間でマスタ-できる3部構成になっています。初期は文章の構造・分析・語法など、中期は文脈推理による解釈法を、後期では要約問題などの特殊形式の問題を収録。わずか1か月であらゆる形式の英文がマスターできます